2020/08/13

文字の配列だけで楽しい

 というわけで(?)今日も日記を書きましょう。時刻は二十二時。ご飯を食べ、コーヒーを傍らに書いています。いつもどおりかもしれません。しかしながら、今日は平日でもお休みの日ですので、それにしては生活時間がずれていないな、と自分で感心しています。たとえば、夜ご飯を食べたり食べなかったり、食べたとしても変な時間に食べたり、するべきことを休みだからとしていなかったりと、いろいろ思いつくものはありますが、ほとんど平日と同じように動くことができている、という意味でしょうか。ですから、この日記を書いてお風呂に入り、少し本を読んだり創作をしたら寝るつもりです。できたら七時くらいに起きることができたら良いな、と思っています。明日も引き続きお休みですので、早起きして一日を満喫しましょう。楽しいイベントだけが満喫ではありません。したくないことでも、気が進まないことでも、そのほか面倒なことでも、やって良かったと思えるのならば満喫ではないでしょうか。そういうわけで(?)明日の朝の予定はそんな感じです。十二時前後には家を出る予定がありますので、そちらはまた明日の日記にでも書きましょう。

 起きました。目覚めは珍しく七時頃。このところ午前中という行動フェイズが、と嘆いていたものの、どんな奇跡か幸いにも起きることができました。朝から洗濯ものを処理し、凄まじい日差しのもとに晒しました。けっこう良い天気で、このタイミングを逃すわけには、という感じでしょうか。そして掃除機もしっかりかけ、部屋はまあまあ綺麗になりました。少しだけご飯を食べてゆっくりしたあと、そういえばとコンビニにコンビニ受取の荷物があることを思い出し、今のうちにと取りに行くことにしました。iPad Airのカバーそのほかを買ったのですが、こっそり言いますと、容量がもうどう頑張っても工面できないことが判明しました。システムだけでおよそ11GBくらい占めています。これって出荷状態に戻してアップデートしたらその累積ってなくなるんでしょうか? それともアップデートしたら戻るんでしょうか。これまで容量で困ったことがなかったので、こういうこともあるのだなとしみじみ思いました。できなかったらどうしましょう。そろそろiPadの新型でも買う頃でしょうか。そちらはあまり興味がなかったので、今第何世代なのかも知りません。Proなんてたぶん縁がないと思われます。iPhone11を買ったことで、ディスプレイのサイズ的にもKindleを読むのがずいぶん楽になり、Kindle Paperwhiteはもはや使われなくなってしまいました。どなたかに需要があればお譲りするかも。

 今日は、まあまあ機敏に動きました。朝から洗濯し、掃除をし、外にも出ました。こちらは用事。相変わらず凄まじい暑さでしたので、できるだけ短時間で済ませました。お昼ご飯はその用事もありましたので外で食べました。なんだか最近外でご飯を食べることが増えている気がします。外食というのもなかなか良いのでは、と思いつつあるので、食に興味が出てきているのかもしれません。良い傾向です。このまま興味が失われないことを祈ります。そうそう、プライムデーって今年も行われるみたいです。そんなイベントやっていたなあ、とプライムデーの文字を見たとき思わず感嘆の声が漏れました。時期としてはそろそろらしいのですが、今年のプライムデーのページには開催時期は未公開? だったかな、とにかくまだいつ行われるかわかりませんよ、という内容の文言が並んでいました。それに合わせ、Amazonで買えないものも含め、欲しいものをリストアップしました。どれから買うべきか、どれくらいの金額になるのかなど、これからのスケジュールの参考にするつもり。いずれも急を要さないようなものですが、並べてみるとやっぱりあれば望ましいなあ、手に入れるための努力を頑張っていこうかな、という気になりますのでなかなか良いです。こんなに欲しいものがある人間でしたっけ? ちょっと自分でも不思議に思っています。

 そうそう、読んでいたビジネス書、ついに今日読み終えてしまい、次に買っていた本に移行しました。まったくジャンルとしては違う方向かな。考えかたの本みたいです。内容よりも綺麗な言葉遣いが気に入って読んでいます。文法が正しいとか、優れた比喩という意味でもなく、過不足ないという感じ。適切というのかな。それこそ適切な表現がわかりませんが、文字の配列だけで楽しいというのは、そういう部分に起因するのかなと思います。内容が見えるまでにはもう少しかかりそう。需要があるかは不明ですが、またどんな感じだったかご報告しましょう。

2020/08/12

横スクロール方式で追ってくる危機

 それでは日記を書いていきましょうか……。時刻は十時。僕は、午前と午後を用いませんので、そのままモーニングの十時です。一日ぶん日記がずれてしまい、昨日は一昨日の日記を書き、その帳尻がようやく今から合うという構図です。もちろん今日の夜は今日の日記が書かれる予定。いろいろして落ち着き、傍らには例に漏れずコーヒーがありますが、やはりふた口くらいしか飲みません。最初は、たしか、これ280mlだったでしょうか、これが空になって、さらにお水まで飲んで書き上げていた日記ですけれど、もうそれくらいしか飲みません。書いていてどうしようかな、と思うことが減ってきているわけです。そんなふうに書くと、なるほどだんだん成長したのだな、と思われるかもしれませんが、実はあんまりそんなこともないのです。書いていてぴたりとストップするのは、上手く言語化できない場合か、もっと綺麗な言い回しがあるのでは、と悩むようなパターンのいずれかで、後者で頻繁に止まっていたのですが、もうそんなものを気にしなくなりました。身の丈に合っていない言い回しはすべきでない、換言すればそんな心持ちで日記を書いています。だからこそ、今ストップするのは上手く言語化できない場合。こういうの何と言うのでしたっけ、と思い出しているその数秒から十数秒の間に、ちょっとコーヒーでも飲もうかなと思うわけです。この調子でいくとコーヒーが不要になるのかな、と勘の良い方はそうお考えになるかもしれませんが、たぶん飲まなくてもコーヒーは近くに置いておくでしょう。以前の日記でもちらりと書きましたが、安心できるインテリアみたいなものなのです。こういうのは安心毛布の友達といえるのでしょうか。自分の中ではかぎりなくゼロに漸近するイメージです。ところで、身の丈に合っていないというのはどういうことかというと、まったくそのままで、ぱっと思い浮かばない言い回しはしない、ということ。必要な調べものはして、それに適した言葉を使うことはありますが、もっと角ばった言葉遣いがしたいから調べようかな、とか、この言い回しは幼稚だからほかに何か良い言葉はないものか、とか、そういうことは思いません。地味かもしれませんし、豊富でもないのですけれど、僕は僕の持っている語彙だけで充分なのだなと、最近しみじみ思うようになってきました。

 朝から長々と書いているみたい。申し訳ありません。さて、起きました。目覚めはかなり良かったです。その代わり寝つきは凄まじく悪かったです。あまりに悪すぎて、二時と二時半にそれぞれ起き、お水をたくさん飲みました。それにしてはけっこうすっきりした目覚めだったなと、朝の身支度をしながら不思議に思っていました。朝ご飯はいつもどおり食べず、お水も飲んでいないかも。身支度をしたら炎天下のもとを歩きます。相変わらず凄まじい暑さ。世間では休暇がはじまっているのか、交通機関内は比較的空いていました。こんなものなのかな。僕はあまり世間には詳しくありませんので、皆さんどのようにお過ごしなのか知りません。いろんなところから連絡が届き、なるほど皆さんこんなことをされているのだな、とそこでようやく知ることができるくらいです。ともかく、道中でコーヒーを調達し、移動先で飲みました。いろいろ前倒しで進めているおかげか、少し余裕もあり、なんとかなったような気がします。昨日も書きましたが、じきにたくさんの作業が降ってくる予定ですので、それまでさらなる余裕を捻出できるよう頑張りましょう。そうですね、横スクロール方式で追ってくる危機をいかに遠ざけるか(?)でしょうか。ここまで書いて、しめしめ、これをタイトルにしようかな、と思っていたりします。タイトルセンスを養いたいものです(?)。ちょっと頭に残るようなフレーズって、長々と思い悩むよりこういう勢いの中で唐突に発生する印象が強いです。こういろいろ出力していると、テトリスみたいに綺麗に使い切れない部分があって、その残りものがキメラみたいになって出てくるわけです。インパクトの強いフレーズというのは、それらを強引に融合させて使い切ろうとするもったいない精神の産物でしょうか。というか、キメラみたいになって出てくるという形容もなかなか驚異。こんなもの日常ではとても使えません。日頃出力できない語彙というのか、痒いところに手を届けるというのか、冷蔵庫の残りものみたいに、古くなって捨てるよりは吐き出したほうが善でしょうか。今、自分のあやふやな想像力を使ってとんでもないことを書いているように思います。

 そのほかは? 珍しくでもないですが、まあまあたくさんご飯を食べました。お腹が空いていたのです。いつもと同じ量をお昼に食べたのですが、それでもお腹が空いてほんのり目眩がしていました。こっそりご飯でも食べようかな、と思ったくらいでした。幸いにも食べずに済んだというか、我慢することができましたが、非常食でもどこかに携帯しておくべきかな、と思いました。Amazonでも見てみるつもりです。というか、そもそもお昼ご飯をもっとたくさん食べれば良いのでは?

2020/08/11

他人行儀な距離感

 こんばんは。頭は重いですが、日記でも書いていきましょう。時刻は二十三時前。少しだけ食べものをお腹に入れ、お風呂に入ったら寝ようと思っています。今日は疲れました……。この時間にもなるとさすがに少し眠いです。明日以後お休みになるのが幸い。お休みでなくとも良いのですけど、一日くらいエネルギーをチャージしたいところ。それ以降はいつもどおりでもかまいません。そんなものなのです。お休みがないから辛い、休みがないと何もできない、という方もいらっしゃるようですが、僕にはあまりそれがありません。平日でないとお店がオープンしていない、という場合にのみそれが適用されます。お役所などがそうでしょうか。それ以外はそういった経験がありません。しようと思えばできるけれど、する余裕があるのが週末という感じでしょうか。もっと正確に申し上げれば、する余裕は平日にもありますが、捻出しようと前向きに思わないわけです。てきぱき作業やいろいろをこなし、数十分でも余裕を作ってこういうことをしよう、とはなかなか思うことができません。それができたら、もう少しバイタリティに溢れた生活をしているような気もします。

 起きました。なんとか予定の時刻に起き、てきぱき身支度を整えました。ほとんど理想的な時間に家を出、凄まじい日差しのもとを歩きました。さすがにこれはまずいのでは、と何度も汗を拭いながら思います。アプリでも今日はまずいですよ、皆さんご注意ください、というアナウンスが幾度となく流れていました。いろんなアプリから同じような警告文が届き、それほどにはまずいのだな、と警戒することができました。とはいえ、摂取する水分量はほとんど同じ。外に出ている間は、トータルで1000mlくらいかな。2000ml摂取しても多くはないかな、と思うほどたくさん汗をかいているように思います。日陰に数分立っているだけで汗をかくので、日差しのもとに晒されたらものの十数秒で汗が滲みます。そういえば、この頃占いを見ていません。移動中に確認することもなくなりました。移動中は、ずっとビジネス書を読んでいます。そんな意識の高いものでもなく、気軽にこういう考えもありますよ、と提示してくださるタイプのもの。過度な意見の主張もなく、そういう考えもあるのだな、自分が取り入れるかは別ですけれど、くらいの他人行儀な距離感がグッドです。そこから何かを得たい、払った金額と同等かそれ以上の価値を見出したいという方は、それでは不足かもしれません。僕はそういう価値観があまりなく、この本を読んで損をしたな、この本の内容はこれだけの金額に見合わないな、と思うことが非常に稀です。トータルとして微妙だった気がするぞ、と読み終わって思うことはあるものの、それでも損をしたとかは思わないかも。もうほとんど本を読みませんが、本をたまに買っていた時期でさえ、読み終わってこの金額の価値はなかったな、と考えたことって少ないと思います。こんなにも書いているのにお安い、と思ったことはたくさんあります。おもしろかったなあ、この著者はほかにどんな本を書いているのかな、僕はそれくらいでしょうか。読み終わって、価格と内容の乖離を吟味するというのは、昨今ではベーシックなんでしょうか。あまりにも僕が無頓着というだけかもしれません。そのほか、おもしろくないと感じることが少ないというのも一因でしょうか。おもしろかったり、役に立たなければならない、という考えを持っていないからかも。おもしろければなお望ましい、くらいの心持ちで本を読んでいるタイプです。しかしながら、出版社側が過剰に煽りすぎな部分もあるのでは、と紹介文を見るたびに思います。あれだけ煽っているのは、やはりそれだけしないといけないからでしょう。本の帯の煽りが過剰だと、これはあまり期待しないほうが良いのだな、と躊躇するシステムが起動してしまいます。おもしろくないのではなく、それを鵜呑みにするとちょっと肩透かしかもですよ、くらいのイメージをお持ちください。個人的な観察ですが、おもしろい本よりも、おもしろそうに見える本のほうが売れているような気がします。

 そのあとは? 作業が手もとを離れ、そうですね、戻ってきていないかも。ですから単純に作業の数が順調に減っています。常に前倒しにし、余裕を確保しつつ作業をしていますので、今がもっとも余裕があります。たぶん完全に失われたらたくさん作業がやってきます。波の動きみたいなものでしょうか。今は引いている状態。帰りは、近くでご飯を食べました。家では食べないだろうな、と思うものばかり食べました。外食の魅力はここにあります。帰ってきて、日記を書く気力もなくそのまま寝てしまい、翌日に書く流れとなりました。今後、ものすごくたくさんの作業に追われる予感がしますので、今のうちにゆっくりしておきましょう。

2020/08/10

現実においてフィクション

 こんばんは。そろそろ日記を書きましょう。時刻は二十時半、コーヒーは飲んでしまいましたので、今日は傍らにはありません。珍しいパターンかもしれません。でも、なくても結局困りません。あれば良いかな、というくらい。飲むようなタイミングって、ここから何を書こうかな、と一瞬逡巡するようなときのみ。そんなにもごくごく飲みません。創作をされている方の中には、喫茶店やファミレスでコーヒーを確保し、頑張って創作を進めるという方もいらっしゃるそうですが、そんなにもコーヒーをお飲みになるのですか? たしかに美味しいですし、ちょっと困ったときに飲めたら幸いなのですけど、そんなにもたくさん飲めません。長時間の創作でもせいぜい二杯くらい。三杯飲んだこともあるかもしれません。いずれにしろその程度しか飲めないということです。創作はコンピュータ一台でできるため、たいていどこでも行うことができるわけですが、されど外でしようと考えたことはないと思います。どこでもできるなら、なおさら家でやりたいのですけど、という考えになってしまうわけです。これが外でしかできない、外の環境のほうが家より良い結果に結びつくことが明白だとかなら、たぶん僕もMacを持って出動していたと(?)思うのですが、そういうわけでもないはず。おそらくそういう方は、家の中にそれを妨げる何かがあるのでしょう。いろんな誘惑とか、あるいは人間かもしれません。それから遠ざからないと、思うようにしたいことができない。大変な思いをされていらっしゃるのかな、とそういう事例を聞くたびに思います。

 起きました。ものすごく眠かったです。昨日に引き続き、午前中という行動フェイズはほぼ失われていました。そんなにも夜ふかしもしていないのですけど、凄まじくまぶたが重く、起き上がるまでに十分程度要しました。しかもその直前に見た夢もなかなか嫌なもので、いきなり悲劇が襲ってくるとかではなく、幾重ものリアリティで夢であることを巧妙に隠した夢だったため、これは夢なのだと気づくことも不可能でした。小説とかのレビューでもときどき見るのですが、フィクションにおいてリアリティを求め、現実においてフィクションを求める傾向にないでしょうか。どうして現実で現実を、フィクションでフィクションを調達しないのか、これがなかなか不思議です。不思議ではあるものの、そういった需要があるのだな、という一定の理解は持っていますので、疑問に思うのみなのです。そんなこんなで(?)、夢でずいぶん体力を使いましたので、起きてしばらくゆっくりしていました。スーパーに行き、今日のご飯は何にしようかな、それから帰って掃除をして洗濯をして、と一日のんびり過ごすこととなりました。Netflixで映画も観ました。悪くはないものの、特筆すべきものもなかったかな。こういう作品もあるのだな、としみじみ思ったくらい。たいていのものに対し、基本的につまらないという評価を持ちません。楽しめるというと少々違いますが、どこかに楽しみを見出すことができます。レビューの厳しい小説や映画に触れたときも、そんな皆さんがおっしゃるほどだったかな、と思うことがしばしばあります。それとは逆に最近のレビューの話ですが、ものすごく星の数が多いのにこれははたして、と思うパターンもしばしば出てきています。こちらはたぶん出版社の意図との摩擦でしょう(オブラート)。おそらく純粋な消費者が書いたレビューではないと思われます。どうにか改善されませんでしょうか。本でも買って読もうかな、と思ったとき、探すのがものすごく大変なのです。

 そのほかは? ほとんど書いたのでは? 八月も十日となり、三分の一が過ぎてしまいました。以前も書きましたが、平日が少々過ぎればお盆も到来し、八月の半分を超えるのもすぐでしょう。そういえば、今日、本当に綺麗な入道雲というのか、いかにもな雲を見ました。肉眼では今年初かもしれません。それくらい外に出ていない、ということもないのですけど、見る機会に恵まれていなかったのかな。本当に綺麗で、暑いけれどそんな不快感も吹き飛ぶくらいでした。感慨があります。暑いのも趣に転換されるくらい良かったです。願わくばかき氷を食べたり、花火の音でも聞きたかったですが、それは望めませんので、Youtubeでそれらでも探しましょうか、せっかくYoutube Premiumに加入したのですから……。Youtubeで思い出したのですが、またもや(?)創作物が動画になったそうです。お便りありがとうございます。七年も前の創作物を未だに使っていただいたり、そこにいろいろコメントもお寄せいただいてるそうですが、本当に驚異というほかありません。演劇になったり、動画になったり、今回は音声作品だったのかな。タイミングがあれば拝見しようと思います。というか、創作物ってこんないろいろ使っていただけるものなのだな、と最近になり、しみじみそう思っています。

 あとは何かあるでしょうか。机の上を整理しました。けっこう広い机なのですが、ここに充電器でも設置しようかな、と検討しています。ポートがいくつもあるタイプ。たしか、メーカはAnkerだったはずです。今、携帯が三台あり、iPad Airもあり、ワイヤレスのイヤフォンもあります。Kindleもありますし、あとは何かあるかな、使っているもので、充電が必要なもの……。iPod touch? そうそう、この日記を書いているMacもあります。いずれもを常に充電するわけでもないにしろ、それだけのコンセントもアダプタも必要になるのは確かですし、それならまとめられるものを買ったほうが良いかな、と思ったわけです。差し替えるのも面倒で充電していない、というパターンもこれまで何度かどころかかなり見られましたし。そんなわけで、机の上をそれも含めて便利にできないかな、といろいろAmazonを見て回っているところ。そうですね、身の回りを豊かにしたいというよりも、面倒を少しでも減らしたい、という感じでしょうか。プラスよりもマイナスを排除したい、そんなイメージです。そろそろiPadの新しいのを買おうかな、と少し考えています。とはいえ、用途がそんなにも決まってないので、必要ないような気もします。iPhone11でほとんど網羅できているのも一因。そのほか、ワイヤレスのイヤフォンの寿命がかなり近そうなので、次の何かを探しています。それくらいかな。あとは、ちらほら書いていますが、コンピュータを少し増設できたらな、とも……。ストレージをトータルで二倍か、可能ならば三倍くらいにしたいです。処理能力はそんなにも困っていませんが、Macと同じ解像度のディスプレイも欲しいです。そうしたら、広いディスプレイにMacと同じ解像度で表示できるのに、というもの。まあまあ欲しいものが出てきました。いずれも検討中ですので、取り下げられる可能性もありますが、いくつかは取り入れたいです。

2020/08/09

ある種諦観のような気持ち

 それでは日記を書きましょう。時刻は一時過ぎ。もう八月十日に食い込んでいます(?)。いろいろしていて、とうとう今になってしまいました。てきぱき日記を書き上げ、することをして寝ようと思います。今日は、どんなことがありましたでしょうか。世間は三連休二日目ということですが、外はそんな感じでもありませんでした。繁華街からはるか遠くだからかな。もしかしたら繁華街は凄まじいことになっていたのかも。明日で(というかもう今日)三連休が終わりですが、意外とあっという間でした。そんなでもないかな。こんなものだったと思います。そのうち一日、昨日を有意義に使えましたので、それだけでトータルとしてプラスだといえます。このところ、結局特筆することのない週末だったな、と感じることが多いので、金曜日か土曜日の夜にでも先に有意義なことをしておくと、最終日の夕方にでも休日を振り返り、そんな無為なものでもなかったかな、とひと息つきながらそう評価することができます。それがあると、最終日の脱力感を少しだけ相殺できるのです。それでも、週明け二日また過ごせば四連休に突入します。世間はどんな感じでしょうか。平均的に世間がどんなものか、僕はほとんど知りません。ニュースでこうなのですよ、と言われたらそうなのだな、と素直に信じてしまうくらいには疎いです。そんなに知りたいとも思わないからです。はるか遠くでこんなことが起こっていますよ、と報道されても、結局自分のところまでは届かないからなあ、と思ってしまうところがあるのです。いわゆるアンテナがある方は、地球のどこのことでも詳しいみたい。世界の裏側でこんなことが起こっている、それについて自分はこんなふうに思っている、それを日本に置き換えたときこう考えることができる、としっかりとした意見もお持ちで、とても自分には真似できないなあと思うばかりです。手の届く範囲のことさえ把握していないので、はるか遠くのことなど関心を持つ余裕もありません。四季と同じで、いつまでも同じ環境でもありません。たぶん、手の届く範囲を把握しようと奮闘する一生でしょう。しかしながら一方で、把握できたとしても、手の届かないところを知ろうとするか、それは少々疑わしいかもしれません。

 起きました。ずいぶん寝てしまい、午前中という行動フェイズを失ってしまったな、と少々の落胆とともに起きました。てきぱき身支度を整えますが、今日はすることもありません。何をしようかな、そういえば未だにAmazonの注文を済ませていないぞ、とようやく注文を終えました。一部の商品のサイズがコンビニ配送に不向きなのか、コンビニ受け取りができないということで、そもそも購入しないことにしました。ここがAmazonの弱点なのではと思います。コンビニ受け取りができない商品が少なくありません。ここさえクリアしてもらえたらなあ、と祈るばかりです。とはいえ、Amazon側もそんな祈りを順番に解決し、今の規模に拡大したのでしょうから、いずれ僕の願いも聞き届けてくださるに違いありません。麒麟くらい首を長くしてじっと待ちましょう。

 そのほかは? 今日は、たまたま外食をしました。ハンバーグを食べました。なんとなくハンバーグが食べたかったので食べたのですが、とても美味しかったです。正直に感想を書いたものの、凄まじく淡白な感想文となってしまいました。読書感想文を思い出します。書こうと思えば、響きの良い文言を添えたそれらしい感想も書けますが、そんな彩りも技法も知らず、思ったままに書いた読書感想文がもっともプレーンな感想文だったのではないか、と今その宿題とかを振り返ればそう思います。いつの間にやら点を取ることを覚え、評価者が焦点を合わせるポイントを押さえ、そんな純粋な感想文の書きかたを忘れてしまいました。たびたび模範解答が配布され、今回良かったのはこちらです、と先生が紹介されていたのですが、そんな感想は自分は持たなかったなあ、としみじみ思った覚えがあります。意見の相違があるだけで、評価基準を押さえた解答の優秀さはもちろん頷けました。頻出していたのは、自分がもしこの主人公だったらこうする、という主観を述べていたところなのですが、僕にはそういった視点がありませんでした。それを述べることで加点がありましたので、以後は僕もそれらしいことを書いたものですが、しかし本心ではまったく想像できないなあ、自分は主人公じゃないのになあ、どうして自分に置き換えることができるんだろう、と思いながら書いていました。そのほか、周囲の登場人物に対して自分はこんな感情を持った、と書いていた方もいらっしゃり、それもなかったなあ、とこっそり思っていました。念のため申し上げますが、その対象の本がつまらなかったとか、そういうのではありません。純粋に自分なりに楽しみ、考え、しかしそういう感想を持たなかった、というだけのことです。登場人物の気持ちがわかる、共感できるというのもよく見たものですが、読むたびに衝撃を受けていた覚えがあります。凄いのだなあと素直に思っていました。何よりも衝撃だったのは、こういった優れた解答というかご意見を皆さん平均的にお持ちだったこと。幼いながらも点数に反映された宿題でしたので、自分は皆さんと比べてかなり劣っているのだな、とまあまあショックを受けた覚えもあります。どうでしょう、今は少しくらい成長したかな。しかしながら、他者の制作物をどうこう評価したくありません。おもしろかった、あんまりだったかな、といったざっくりとした意見は持ち、少しだけ述べることもありますが、どうだったとかはあんまり述べたいと思いません。どうしてでしょう。反応を期待しているわけではないからかな。このサイトでもそうですが、本を読み、楽しかった、ちょっと微妙だった、ときにはやんわり濁した評価も述べていますが、タイトルは書いていません。反対に、タイトルを書いたら、作品の評価は書かないと思います。たとえば皆さんで映画を見に行って、上映後に作品の感想を語り合うとか、聞かれたらもちろん答えるのですが、たいてい僕は皆さんのご意見を聞いているだけです。たいていでもないかな。たぶんまったく言ってないと思います。皆さんのご意見を聞いているほうが楽しいです。そういう考えかたがあるのだな、なるほどなあ、という感じでしょうか。理屈は理解できるのですが、感動を分かち合いたいとか、みんなで盛り上がりたいとか、同じ意見なのか確かめ合いたいとか、どなたかに自分の感情を理解してほしいとか、ゼロではないにしろ、そういう気持ちが希薄なのだと思います。根底にあるのは、みんなそれぞれ違うのだな、だから誰からも本質的な理解が得られることはないのだな、というある種諦観のような気持ちです。ちなみに人にマイナスイメージを持っているとかは全然ありません。むしろ皆さんのことを好きだということは明言しておきましょう。

2020/08/08

コントロール権を委ねる

 こんばんは。そう、今日はこんばんはで間違いないと思います。時刻は十八時過ぎ。この日記を書いたら、ご飯を食べて、本を読んだり、勉強とか創作でもしようかな、と検討しています。どれにするかは不明。いつもの流れです。いつもどおりのことばかりで、とても嬉しいです。ニュースでは帰省がどう、などいろいろ報道されているようですが、相変わらず僕にはあんまり関係ありません。何々をするからサイトの更新が止まります、ということもありません。昔から、そういったイベントには縁がありませんでした。たぶん、皆さんが当然のようにしているイベントのいくつかを知りません。かなり変わった家だったといえます。こんな人間が育つくらいですから(?)。

 起きました。今日はお休みなのですが、思ったよりも早く起きたので、何をしようかなと検討していたのですが、作業でもしようかなあ、と思って平日と同じように身支度を整えました。とくに火急の用事も何もないのに、そんな気分になりましたので作業をするため、てきぱきと身支度を整え戸締まりをし、灼熱的な気温の中を歩くことになりました。自分でもなかなか意味不明だったのですが、まあそういうのもたまには良いか、とそれに従うことにしました。こんなふうに、自分でも自分の行動が不思議だなあ、しかしながらたまにはこのまま見守ろうかな、とスルーすることがあります。コントロール権を委ねると換言できる類のものです。身体のほうは、たぶん僕が思っているより積極的な性格をしているみたい。好奇心旺盛です。精神のほうは、このサイトをご覧になっている方がご想像されているとおり。こういう人間なのです。基本的には、平日の動きに倣おうかな、ということで、道中でコーヒーを調達することに。予想どおりでしたが、交通機関はまあまあすかすかでした。移動先は、やはりいつもと雰囲気がまるで違います。ほとんど人が見られませんでした。わざわざ来る必要もないのに、といった雰囲気でしたけれど、こういうのもたまにはありかな、と僕のほうは思いました。それから昼食を含め五時間半くらいかな、のんびりそこで作業をしていました。これから先に起こるいろんなものの段取り、と形容できる類のことです。すぐにいずれにも取り掛かることができるようになりました。ゼロからではなく、これをするだけですぐに終わる、という段階にまで持っていきましたので、たぶん週明けはずいぶん楽になったでしょう。お昼はちょっと贅沢をしました。僕にしては珍しいのでは? その中で食べたもののひとつが、とっても辛くて食べるのが大変でした。こういうものも良いのでは、と頼んだのですが辛すぎました。辛いものは得意ではないのにそこそこ好きで、いつも苦労しながら食べることになります。そのあとは、のんびり帰りました。相変わらずお昼を過ぎても交通機関も人も疎らです。途中、スーパーに寄り、必要なものを買い込み今に至ります。ちょっとネットをしていましたが、それくらいです。あ、洗濯ものも今処理しています。掃除でもしようかなあ。この時間から? どうしたものでしょう……。ともかく、今日は気分のままに行動しましたが、トータルとしては良い感じです。平日の予定も楽になりますし、平日に倣って行動できたので、七日中六日、ほとんど同じ予定を繰り返せたことになります。少々楽をするとしても、週末も毎日少しずつ作業をしても良いんじゃないかなあ、と真面目に検討するのでした。たぶんまったく理解されないでしょう。サイト上だからこっそり話していますが、これをどなたかに打ち明けても理解されると思いません。同じ予定を繰り返したいがために、わざわざ自分のお休みを削ろうとするというのは、うーん、なかなかご理解は得られないでしょう。

 そのあとは? が今日はありません。帰ってきてからどうしたのか、の答えが日記を書いている、だからです。洗濯ものを処理し、少しネットをしただけ。そちらは先述しましたので駄目。今日はまあまあ書きましたのでもう良いでしょう。あ、昨日も書きましたが、Amazonの注文をしないといけないのでした。忘れていました。なくなってから慌てて注文するようではトータルとしてマイナスです。気をつけなければ……。掃除もしたいなあ。勉強もしたいし、本も読みたいし、したいことが多い人間のようです。暑いですが、天気が良いのが嬉しいです。洗濯ものがすぐに乾きますし。あとはなんでしょう。何もないかなあ。移動中にビジネス書を読みましたけど、あとどれくらいでしょう。もう70%くらい読んだかな。次の候補はあるのですが、その次の候補がありませんので、早めに探しておかないといけません。iPhone11のディスプレイでも読みやすいサイズの本という条件つき。たいていの本は、絵も図もありませんので大丈夫ですが、まあ、なんとかなるでしょう……。それでは、今日は日記はこんな感じで控えめに。また明日更新しましょう。ではでは。

2020/08/07

塗り絵の輪郭

 こんにちは。いえ、こんにちはなんて時間ではありません。時刻は一時前。今から日記を書いて、そのあとお風呂に入って寝る予定です。このところ毎週末日記を書けていませんでしたので、やっとそれを回避できたことになります。どうしても週末は平日が終わった、という安堵により気が抜けてのんびりし、日記はまた明日にでも書けば良いかと思ってしまうのです。そういえば、久しぶりにTwitterで呟きました。大したことは呟いていません。Twitterを開いたら、Twitterのアカウントを作成して七年経っていますよ、と通知が届いていて、呟きましょうと書いてあったので呟いてみました。およそ三年半以上ぶりの呟きがそれです。じゃあまあ来年また呟きましょうか(望遠)。それを思えば、あと一か月と少しでサイトのほうも七周年です。何かすると書きましたっけ? 何かしましょうか、みたいな話は書いたような覚えがあるようなないような……。

 起きました。昨日の疲れが残留していたのか、目覚めて十分くらい身体を起こせませんでした。さすがにこれ以上はまずいぞ、という心理が身体を縦にしました(?)。身支度そのものは手早くできます。今日もお水を飲むことなく家を出、道中でコーヒーを調達しました。このところはずっとブラック。よくコーヒーは飲みますが、そのたびに甘いのを飲んでいたら身体に悪そうだからです。今日は三回か四回飲んだかな。ちなみに今も飲んでいます。甘くなくても身体に悪そうです。これが水に置き換われば望ましいのですけど……。外は曇りでしたが、少なくとも涼しくはありません。蒸し暑くもないですが、じめじめしているので汗もかきます。交通機関内の冷房はやや強め。ほんのり身震いしてしまいそうなほどには。早くこの暑さも落ち着いてくれないでしょうか。秋だとか冬くらいの気温がもっとも良いです。そうは書きながら、常にひとつかふたつ先の季節がもっとも良いと述べているような気もします。ころころ変わりますので、あまり素直にお信じになりませんように……。

 そのほかは? いくつかの作業が手もとを離れ、さらにまた大きなものがひとつ舞い込みました。トータルとしてまあまあ手が塞がってきたのでは? 良いことなのですが、それを解決するための時間が微妙に足りないかも。足りるのでしょうか。どうでしょう、暗雲が立ち込めているような気もします。少しずつ許容量を増やしていくほかありません。三連休がもうはじまりますが、そのうち一日くらいでも作業に費やそうかな、とも検討しているところ。平日に慌てて作業を進めるよりも、休日のうちに進められるところまで進め、平日にのんびりするというのも良いのでは、と思ったりもするのです。いろんなことを前倒しにするのは、こういう余裕を捻出するためという側面もあります。そのほか、自分に余裕があってもほかの方にはない、というパターンもかなり見られます。体感としてはそちらのほうが多いです。作業が終わり、皆さんに回し、それが仕上がり、こちらにまた戻ってくるときには期限ぎりぎり。もう少し余裕があれば良いのですが、サイクル的にもはや避けようがありません。そんな状況が良くなることを祈るより、最大限ダメージを軽減する手法を考えましょう。

 あとは何かありますでしょうか。Pixiv Fanboxの話はつい先日書きましたし、そう、Twitterの話もさっき書いてしまいました。Amazonは相変わらず未注文。土曜日中に注文を確定させたいところ。そうそう、何か書きたいことがあったはずなのですけど、もうすっかり忘れてしまったので、またいつか思い出すときを待ちましょう。このサイトを開設した直後は、こういうことは日記に書けるかな、と話題をメモしていたこともあります。些細な話題ばかりで、おもしろい話ではありません。そんな希少なものに絞れば、日記は月記になったことでしょう(?)。メモもしていたのですが、思いついたタイミングでかならずメモできるわけでもありません。思いついたとしても、それをその場で完全に言語化できるともかぎりません。こういうことではないはずなんだけどな、とメモをして首を傾げることもしばしば。忘れてしまったら、目の前で欲しいものの最後のひとつが売り切れてしまったような、そういう虚無感に襲われます。メモしていると使わないといけないような気になりますし、いつまでも滞留しているメモは捨てられないごみのようにもなりますし、思いつくほうが早いのでどんどん蓄積していきますし、ずっと放置していたらメモをしていてもわからなくなります。メモをすることに手間以外のものが付き纏うのも望ましくないと思い、結局メモをすることをやめてしまいました。それならば忘れていたほうがよほど善だという判断によるもの。たぶん自分のタイプ的に(?)メモするのが向いていないのです。塗り絵の輪郭でも塗るみたいに、本当の大枠を捉えるためにざっくりメモすることは今でもありますが、それ以外はもう完全にしなくなりました。メモするほどの話題もほとんどないなあ、と思うようになったのもそうです。とにかく彩りがなければいけないのでは、という考えも失われました。彩りというのは、そうですね、エンタメみたいな意味でしょうか。それが失われたのは、何度も書いていますが、読まれたいという感情が希薄になってきたからでしょう。このサイトをご覧になり、それをおもしろいと思っていただければ、それはそれで嬉しいですが、どうか皆さん毎日見に来てください、コメントを残してください、そうすることがサイト継続の原動力です、そんなタイプではもうありません。ご覧の方を楽しませたいというより、このサイトを更新している僕が楽しみ、このサイトをご覧になった方はご自分で楽しみを見出していただければ、という感じで運営していますので、外部の目を意識したような話題が必要なくなったのです。彩りを失い、代わりに身軽さを手に入れたように思います。彩りをはじめ、こだわりを失うほど、書くことのハードルが下がります。それを最近やっと少し実感してきました。

2020/08/06

それではまるで思い込み

 それでは日記でも書きましょう。今は二十一時過ぎ。昨日と同じですね。昨日よりも行動していないのに二十一時ですので、のんびりしていたのだと思います。ここまで書いて、そういえばコーヒーを飲んでいないぞ、とコーヒーを取ってきました。忘れる程度なら飲まなくても変わらないのでは? まあ、たぶん変わらないと思いますけど……。だって、書いている間、ふた口くらいしか飲みません。それでリラックスするも落ち着くもないと思います。したがって、コーヒーを飲むことで落ち着く、リラックスするとかではなく、コーヒーが近くにあることで、いつでも飲めるという安心感が筆を速めるのではないでしょうか。つまるところ、手が届く位置にさえあれば、別にその蓋を開けなくても良いはずです。それではまるで思い込みではないか、と鋭い方はそう思われるかもしれませんが、そう、もしかしたら思い込みかもしれません。僕もコーヒーを飲みますが、コーヒーを飲んだところで落ち着きますか? 美味しいとは思いますが、落ち着くかどうかは判然としません。落ち着いているときにコーヒーを飲むから、コーヒーを飲むと落ち着くと思ってしまうのかな、なんて思うこともあるのですが、いかがでしょう? コーヒーに恨みはまったくないですし、どちらが正しくとも良いのですが、ときどきそういうことが気になります。

 起きました。起きた直後のエネルギーって電池を回転させているときくらい微弱です。五分くらい宙空を見上げ、そろそろ起きないとなあ、と思ってさらに三分、ようやく起き上がることができました。その間携帯も触っていません。ただただ起きないとなあ、しかし身体が動かないなあ(?)と困っていました。意志薄弱なだけで八分も無駄にしました。身体が縦になったらあとは転がるように身支度も終わります。今日は水分補給もせず準備ができた時点で外に出ました。軽くお水でも飲めば良かったかなあ、とも思いましたがもう出たのだし良いか、どうせ道中でコーヒーも調達するのだし、と移動先に着くまで何も飲みませんでした。飲まなくても吹き出るのが汗。薄明るく照らす鈍角的な日差しでしたが、それが肌を撫でるだけでも汗をかく理由としては充分。交通機関内のエアコンは今日はほんの少し寒いくらいでした。以前のものすごく寒いときよりはましかな、と思ったのですが、しかし日によってそんなに温度を変えるものでしょうか、という疑問もあります。実は設定温度同じなのでは? と自分の感覚を疑ってもいます。どうやって温度を決めているのか気になるのですが、どなたかご存じありませんでしょうか。さて、移動しつつコーヒーを調達し、移動先で飲みました。少しばかり水分補給として見ると頼りないなあ、と思いペットボトルの麦茶を買いました。こまめに飲んでいるとあっという間に空になります。とはいえ、それでも不足しているくらいなのでしょうけれど……。それで終わりかと思いきや、この日はそこからさらに二回もコーヒーを飲みました。最初の段落のコーヒーへの猜疑心はどこへやら? いえ、そんなもの抱いていませんけれど、いろいろ書きながらしっかりコーヒーは飲んでいるのだな、とは思いました。おかげさまで(?)あくびも出ませんでした。一日中目がすっきり。それの効果かはわかりませんが、可能性としては高そうな気がします。

 そのほかは? 三連休前にいろいろ用事を済ませ、安心して週明けを迎えるための準備を着々と進めています。今日もいくつかの作業が手もとを離れ、巨大な作業が手もとに降ってきました。ちょうど手持ちの作業がすべて手もとを離れそうだったので、入れ替わりという形でしょうか。ずいぶん前倒しで進めてしまったので、週明けどうしたら良いのかな、と少し心配していたもののこれで解決されました。どれくらいかな、前段階では三日か四日くらいはかかると思われますので、その間は手持ち無沙汰にもならないでしょう。そうであることを祈ります。あるいは、手もとを離れたものたちが戻ってきていませんので、それらがまとめて戻ってきたらそこそこ大変かも。息をつく暇もないと精神的な余裕は失われますが、締め切りという名の危機が背中にぴったりと着いて回るような緊張感の中で進める作業はそこそこ楽しいです。レースゲームにおける最短記録を目指すようなものでしょうか。いかに効率良く進めるか、いかに新しい方法を見出してハックするか、そこがもっともおもしろい部分です。精度とスピードのバランスをどれくらい維持できるか、というのも楽しみのひとつ。手もとに戻ってくるタイミングは、なんでしょう、コンピュータに難易度でも決められているようで、多少大変でもランダムなおもしろさと捉えられそう。プラス思考でもないのですが、まあそこにもおもしろさを見出せる都合の良い人間のようです。前述のような新たな方法を覚えるため、本を読んだりして知識を蓄えているわけですが、攻略本でも読んでいる感覚になります。

 あとはなんでしょう? 何かあったかなあ。Amazonまだ注文していません。いつになったら注文するのですか? 自分でもわかりません……。そろそろ諦めて注文しましょう。何を諦めるかも不明。おそらくは、何かこれ以外に必要なものがあるかもしれない、という幻想を断ち切るという意味でしょう。創作は、三連休中に少しくらいはしたいです。あとはずれずに日記をすること。ハードルは低めに設定し、少しずつ上げていくのが良いのです。そういえば、ここ数日占いを見ていません。夜はテレビを見ますが(流しているだけ)、もう朝はすっかり見なくなり、占いも見ることがなくなりました。携帯で結果をチェックすることもなくなりました。ときどき今日の運勢はどうなのかな、と運試しを兼ねて見るくらいになりそう。うーん、何か書いていなかったように思うのですけど、ここまで書いてどれが出てこないならそもそもなかったのかなあ、とも思います。明日以降の日記に登場することを祈りましょう。

2020/08/05

平日と休日の境目

 こんばんは。ではでは今日も日記を書きましょう。今は二十一時過ぎ。ご飯も食べ、洗濯ものを処理しているところ。昨日と同じ時間に帰り、されど昨日よりいろいろしたのに、日記を書きはじめるタイミングにずいぶん差があります。昨日の今日だからでしょうか。というのも、だらだらしていたら何もする時間がないな、と思ったのです。無心で休憩するのもたまには良いのですが、そればかりでも無駄です。そういうわけで、昨日より多少機敏に動くことになりました。今のところ支障はありませんが、これが二日三日と日を重ねると精度が落ちるものと思われます。なんでしょう、三日坊主みたいな原理でしょうか。日記なんて三日坊主の象徴ですけれど、そちらは僕は上手く回避している様子。そうでしょうか? これまで何度も三日坊主を繰り返し、今回偶然にも上手くことが運んでいるだけ。と、ここで音楽を聞いていたのですが、流すのをやめました。やめるとオーバではなく本当に書くスピードが1.8倍速くらいになります。好きな音楽を流しながら文章を書きたい、書いているシーンに沿ったBGMを流していたい、という方も創作をされる方の中にはいらっしゃるのですが、千差万別ということにしましょうか……。僕にかぎっては流さないほうが善だといえます。すると、耳栓をしながら書けばもう少し作業効率が上がるのでは? いえいえ、冗談ではありません。けっこう真面目に可能性を模索しています。やってみようかな。

 起きました。今日はまあまあ予定どおりに起きることができました。身支度もてきぱき済ませ、家を出る時間もまあまあ予定どおり。スケジュールどおり進むと気持ちが良いです。相変わらず暑いですが、ずいぶん暑さにも慣れてきました。家を出る時間のせいもあるのか、日差しがきつくありません。もう少しあとならすごいのでしょうけど……。そういえば、朝の交通機関内のエアコンがましになっていました。吹雪も落ち着き(?)涼しい風が首もとを吹き抜けていきました。ちょうど良いので快適です。移動しながらコーヒーを調達し、移動先で少しずつ飲みました。朝から余裕があるのも快適です。お昼以降はいかがでしょうか。お昼はてきぱき(?)食べています。とはいえ食べる時間もない、なんてこともありません。休憩する時間も潤沢にあるのですけど、あってもそんなに休まないのです。休んだところで短時間では効果も出ません。お腹がいっぱいになればけっこうです。休みのあとに待ち受ける問題を解決したほうが、精神的な意味でもよほど効果が見込まれると思うのも一因でしょうか。あるいはどこかに連絡をしたりと、そういった小さな用事をその時間に済ませるくらいかな。買ったビジネス書でも読めば良いのでは、と思われたりもするかもしれませんが、ビジネス書は移動中にのみ読んでいます。半分くらいまで読みましたので、あと三日か四日くらいで読み終わるでしょう。何もすることがない移動時間に少し彩りが出ます。携帯でネットしているよりも善な気がします。帰ったらいくらでもできますし、そもそも外でネットをあんまり見ません。ニュースサイトくらいは見ますけれど……。そこまでして更新が気になるもの、僕にはそんなにないのです。この現代に言うことでもない気がしますが、僕には携帯のネット機能ほぼ不要かもしれません。やむを得ず調べものをするくらいです。ニュースサイトなんて見ても見なくても困りません。なんとなくお察しのものと思いますが、そんなに誰かと密接に連絡を取りたいとも考えません。環境が許すのならば、携帯なんてなくても良いのではないか、と書いていて思うのでした。

 そのほかは? 今日もいろいろ前倒しでものを進めました。三連休にお盆もありますから、ただでさえ平日の行動時間がありません。別に休日に行動時間を作っても良いのですけどね。どこかでも書きましたが、休日は字面のせいか休むイメージがありますが、別に休まなくてもそんなに困りません。困らないけど休めたら幸いくらいの感覚でしょうか。可能ならば平日と休日の境目を取り払いたいです。毎日勉強をしたい、仕事をしたい、という意味ではなく、ほとんど毎日同じスケジュールで過ごすことができるだろう、という考えによるものです。同じような日々が過ごせるのならば、そのスケジュールの中身が多少辛いものだとしても耐えられます。人によっては、毎日新たな刺激がないと耐えられないという方もいらっしゃるみたい。同じ日々が退屈みたいな心理でしょうか。そういう方は、日々をどうやってやり過ごしているのでしょう。休日とかに一週間ぶんの新鮮さを取り入れるのでしょうか。気になります。

 もうとくにありません。八月も五日が経過し、三連休とお盆が過ぎれば半ばに突入します。きっとその間外に出ることもありませんし、家で静かに過ごすことは間違いありません。そうすれば休みなんてすぐに終わります。もはや八月は残り二週間くらいしか実質ないといっても過言ではない気がします。再三になりますが、その間に創作がしたいところ。一方、このところビジネス書も含め、まあまあ本を読んでいるせいか、本も読みたいし、いろいろ勉強もしたいのです。やりたいことが多い毎日となっています。幸いなのは、いずれも少額の投資で時間が多く割かれるところ。食事みたいに、美味しかった、で失われません。だいたい一冊読むのに一時間以上かかりますし、勉強するならもっとかかります。そのうえ身について離れることもありません。やりたいことは多いのですが、どれにどれくらい時間を割くべきか、未だに判然としていません。そちらも少し考えてみるべきかもしれません。

2020/08/04

ずっとは貯めておけない

 こんばんは。今は二十二時過ぎ。昨日とほぼ変わらない時間の日記です。やはりコーヒーも傍らにあります。昨日と違うのは、そんなに夜ふかしをしていないということ。いつ寝たかな。たぶん一時くらいだったと思います。五時間六時間は寝ることができますので、日中ジャーキングすることもありません。書いているとおり、忙しくて寝る暇もないということもありません。なんとなく起きていて寝ていなかっただけ。自業自得というもの。ともかく、今日はまあまあ困らない程度には寝ましたので大丈夫でした。八月に突入してもう四日経ちますが、いまいち実感がありません。暑いのは暑いので、夏なのだな、という認識がある程度。入道雲を見る機会にも恵まれず、かき氷も食べず、今年はどこも夏祭りなんてありません。花火はご覧になりましたでしょうか。なんだかこの調子で九月に突入してしまう気がします。ところで、今年は冷夏との噂ですけれど、秋の到来はいつ頃になるでしょうか。

 起きました。ここ数日、起きてから十分程度携帯と格闘して起きるパターンばかり。とくに起きてすぐチェックしたいサイトがあるわけでもありません。無理にでも起きて顔を洗ったほうが目も覚めると承知なのですが、どうも朝は駄目です。のっそりと起き、顔を洗い、身支度を整え、という一連に最近は水を飲むが追加されました。起きてすぐ少し飲み、外に出る直前にも少し飲んでいます。それを思えば、念のため寝る前にも飲んでいます。こんなことを特筆するって、普段からどれだけお水飲まないんでしょう。平日はともかく、休日はほとんど飲まないかも。さすがに健康的に良くないのでは、と危機感は覚えていますので、こんなふうに極力飲む機会を増やしています。外は、ずいぶん湿度がましになってきた気がします。誤差でしょうか。少なくとも、少し前より汗が控えめになったのは間違いありません。あるいは、この気温にも慣れてきたのかな。よくわかりません。移動中、コーヒーを調達し、のんびり歩きます。暑いので心を無にして歩いています。

 そのほかは? 予定どおりのスケジュール進行。今のところまあまあ余裕があります。スケジュールの変更もありましたが、今回は珍しく好転。さらに余裕が生まれる結果となりました。どうでしょう、幸か不幸か、今月はかなり余裕がある一か月になりそうです。余裕はありますが、その余裕は、別の何かに回すつもりです。だらだらもしていられません。明日だけはどうなるか不明です。そこだけ乗り越えたら困ることはなさそう。そもそも、明日もそんな困ることはなさそうですが……。困っているのは、少なくとも自分が理由ではありません。自分以外の原因によるもの。逼迫したスケジュールで手もとに来るため、てきぱき作業をしなければならないわけです。こういうケースは珍しくないため、普段からいろいろ前倒しで進めているのです。いつどんなものが手もとに来ても余裕がありますように、みたいな感じ。余裕があるからといってだらだらしていると、こういうイレギュラにやられてしまいます。しかしながら、イレギュラまで常に懸念しつつ過ごすのもいかがなものかな、と自分で思うこともあります。ようするに、500円玉貯金みたいなもので、普段から少しずつ余裕を削り、保留しておくことで、いざというときそれを使うことができるのです。それと決定的に違うのは、ずっとは貯めておけない、ということでしょうか。

 すっかり暗くなり、ようやく作業も終えて外に出ました。前述のように余裕はあるものの、どんどん前倒しにしておこうとしていたらそんな時間。とはいえ、平日は家に戻ってもご飯を食べ、日記を書き、創作もときどきし、読書をしたり、勉強したりする程度ですから、そんな一分一秒を争って帰る必要もありません。いずれも重要視するほどのことでもない、という意味です。換言すれば、どれもあとから埋め合わせができるものです。たいていのことがそうですけれど……。一般的には、今日はこれくらい頑張ったから、こういうご褒美を自分に与えようみたいな、すなわちバランスを取るようなイベントが用意されているように思います。勉強を頑張ったし、少しゲームをしようかな、仕事を頑張ったし、今日は美味しいものを食べて帰ろうかな、そんな感じのバランスです。受けたダメージを何かで補おうとする防御でしょうか。あんまり僕にはそういったバランス感覚がありません。まったくではないですが、かなり希薄なように思います。だからこそとでもいうべきか、こんなことをしたからこうしようみたいな、前後のできごとに自分の行動があまり左右されません。頑張ったときに何かを得られるのなら、何かを得たときにそれに相当する何かを自分に強いないと気持ちが悪くありませんか? もしかして、何かを強いるようなパターンは例外とするのが普通でしょうか。強いるのも面倒ですし、そんなことを考えてしまう僕としては、何かを得たらハッピーだなあ、何かが失われたら残念だなあ、で済ませようとするわけです。柔軟性のない人間だなあ、と自分で自分のことをそう思うことがしばしば。

 あとはなんでしょう? 何かあったかなあ。そうそう、Pixiv Fanboxは再度支援をはじめました。タピオカロイヤルミルクティーです(?)。何のことかご存じの方もいらっしゃるかも。それはさておき、月初なのでAmazonで生活必需品の注文をすると書いてから数日、未だに注文されていません。食器洗い洗剤くらいはスーパーで買いましょうか……。普段からないものをメモしておけばこういうとき迅速に決断できるのになあ、といつも思うのですが、再び月初を迎えるときにはすっかり忘れています。いつか学習するときは来るのでしょうか。

2020/08/03

近くに寄せる努力

 こんばんは。えっと、現在時刻は二十二時半くらい。ご飯も食べ、のんびりしつつコーヒーを傍らに書いています。昨日は、なんと二時頃まで夜ふかしをしていたので、すでにけっこう眠いです。睡眠時間は四時間から五時間くらいかな。とはいえ、この日記を挫折することなく書き上げられる程度の気力はあります。どうしてそんな夜ふかしをしたかというと、そもそもの起床時刻が遅かったからです。たっぷり寝たのだから、寝る時間が少なくても問題ないだろうという考えだったのですが、残念ながら甘い考えでした。睡眠時間を削るのはやめたほうが良いなあ、としみじみ思うのでした。話は変わりますが、七月の日記を移動し、Text/SSのところでも綺麗にしようかな、と考えて実行しようとしたのですが、なんかしっくり来るアイデアもないので中断しました。とくに不自然でもないし、機能的な問題もないし、現行の状態を維持することに。以降もただ月の部分だけ追加されていく構図となるでしょう。よろしくお願いします(?)。ほかのブログはどんなふうになっているのかな、と調べてみようとも思ったのですが、ときどき見ていたブログもほとんどが更新を停止していました。ある意味ブログらしいかもしれません。そのほか、ホームページの場合、更新のないサイトに表示されるチープな広告もそう。このサイトも放置すれば出てくると思います。もしかしたらご覧になった方もいらっしゃるのでは? ともかく、もう熱心に更新しているブログって希少なのでしょうか。アフィリエイト広告でも導入しているならともかく、それもないサイトというのは減少していくのが摂理ではないかと認識しています。SNS然り、手軽に発信できるものが多々あるのに、わざわざ形式ばった(?)ブログやホームページを使う意味もありません。ましてや個人のサイトならばなおさら。偶然にもこのサイトは、僕が創作の足しにでもなるのでは、と思ったから存続しているだけで、それがなければ創作物の押入れになっていたものと思われます。ほとんど今も押入れと変わりありませんけど……。

 起きました。目覚めは良かったのですが、前述のとおりだんだん睡魔が襲ってきます。起きたときから少しそんな感じもしました。ともかく、時間は迫っているので身支度を手短に整え、早めに外に出ました。可能ならばもうあと一時間くらい早く出て、そして遅く帰りたいもの。少なくとも夏の間は太陽を遠ざけるような生活がしたいです。相変わらず暑いですが、少しじめじめ感もましになっている気がします。蝉の声はどうでしょう? 鳴いていたかな。当たり前になりすぎて耳に入っていなかった可能性もありそう。そういえば、今日は起きてから家を出るまでに何度も水分補給をしました。トータル500mlくらいかな。以前も書きましたが、何度かに分けて少しずつ身体を騙すように飲むのが良いとどこかで見ましたので、可能なかぎりそれに従いましたが、どのように変化があるのかは不明。移動中、コーヒーを調達し、占いは今日は見ていません。思い出したように見ることもありますが、もはや日常は占いに左右されなくなってきました。たぶん、このままだんだんと占いと見なくなっていくのだろうと思います。ブックマークには入っているから、何かの拍子に見るくらいはありそうです。消したとしても、その代わりにそこに入れるページもありません。ネットを見て回るほどの体力もそんなになく、このサイトを起点に数クリックで飛べそうな範囲にだけ移動しているくらい(?)。昔からそうかもしれません。このサイトがなかった頃は、どこを起点にしていたでしょうか。起点とするところもなく、どこへでも飛んで回っていたようにも思います。戻ってくる場所が必要でなかったときでしたから……。たぶん今は、そんなにも遠くへは行けません。遠いところにあるものを、近くに寄せる努力をするくらいかも。

 そのほかは? 先週末に書きましたが、週明けに対する投資のようなものが功を奏し、今日はイレギュラも起きずに済みました。正確にいえば少々はありましたが、そのおかげで回避されたといっても良いでしょう。やっぱり日頃から安全な方向を向いておくことが大事だな、と思いました。これにより明日以降も快適な作業になると思われます。たしか、今週末は三連休だったでしょうか。それを終えたらお盆休みもあります。休みばっかり。嫌ではないのですけど、こうも続くとだらだらしてしまいそうだな、という予感もあります。予感どころか、普段からだらだらしていますけど……。そうそう、話は変わりますが、Pixiv Fanboxで、ずっと続けていた支援が何かしらの理由により継続されませんでした、とメールが届きました。ちょっと調べたところ、クリエイタ側には、この人は継続して何か月くらいこんなプランであなたの支援をしていますよ、と表示されていたそうです。とくにこだわりもないものの、そういう数字の積み立てって預金みたいな満足感を覚えてしまうもので、それもなくなってしまうのならそろそろ良いのかな、と思っていたのですけれど、今月中に再度支援された場合には継続として取り扱われますよ、とPixiv Fanboxの運営の方からメールをいただいてしまい、たぶん数日のうちに再継続の手続きをすることになると思われます。そのクリエイタの方は応援したいですし、まあ良いでしょう。ちょっと前、僕もそういった支援サイトで何かしらしないのですか、とお問い合わせもいただいていたのですが、僕はしません。そうなるとビジネスになってしまいますから、もっとコンテンツの充実を図るための準備も必要になります。既存のものだけで集金しようとは思いません。というか、そもそも文章を書くのみの人間が提供できるコンテンツってありますか? プロでもないのに。こんなふうに、少々自分の価値観を述べてみせるのみでは? それはノウハウでもありませんから、ご覧になった方がそこに何かを見出し、それを自分のものにするほかありません。以前の日記に書きましたが、創作物についての話は僕は控えめにしています。たまにしますが、かなり言葉を選んで書いていたりします。そのほか裏話なんか一生しません。文章創作の手法みたいな話はもっとしません。手の内を明かしたくないとか、そういうのではありません。明かすほどのものもないからです。それでもそんなものは話すものでもないと思うからです。相変わらずですが、創作物より前に出たくない人間なのです。ちょっと潔癖すぎるかな、と自分でも少々自覚がありますが、どうしてなのでしょうか。

 ということで、お風呂に入ったら寝ようと思います。今日もまあまあ書けるほどには元気だったみたい。書くことでストレスが発散される人間ですから、そこは都合の良い人間だといえます。ストレス発散にお金がほぼかからないといっても過言ではありません。必要なのは、今みたいに、十分二十分くらいの時間かな。あ、そうそう。ビジネス書、やっと一冊買って読みはじめました。まあまあおもしろいです。こういうところが、ビジネス書特有のレトリックといえるかな、と思う一文を見つけては楽しんでいます。もちろんコンテンツそのものも有益ですので楽しいです。鵜呑みにはしませんが、いずれもを参考にしてみようとは思っています。ちゃんと一度は相手の言葉を自分の中に取り込めるというところは、数少ない褒められる部分ではないかと感じます。ところで、昨日のレビューの話ではないのですが、ビジネス書って多少過激なレビューが多いです。まあ、小説も然りなのですが、感動したとかではなく、怒りの方向に感情が振り切れている方がけっこういらっしゃって、つまりは本を買って時間とお金を無駄にしたことを怒っているみたいなのです。この本はあんまり当たりじゃなかったなあ、と思う経験は僕にもあるのですけれど、そんなにも怒ったことは一度もないなあ、とレビューを斜め読みしながらしみじみと思いました。怒っている感じがすると、怒っている人の意見なのだな、怒りながら書かれているのかもしれないな、という警戒フィルタがかかってしまいます。怒っているとしても、怒っているようには見えないな、しかしながら、ものすごく商品は良くなかったのだな、と伝わってくるものは参考になります。怒りを発信したい方と、レビューを参考にしてほしい方の違いでしょうか。

 ずいぶん長くなってしまいました。もうこれ以上は書きません(?)。寝ます。おやすみなさい……。

2020/08/02

キャッチコピー的な星5

 ということで、昨日の日記を書いてから数時間後、また日記を書くことに。時刻は二十時くらい。十八時頃のアニメも終わり、本格的に月曜日の接近を感じています。どうでしょう、月曜日に恐怖される方が多いように思われますが、あんまり僕はそういうのがありません。とくに平日のイベントに何も感じていないタイプです。嬉しいとかもありません。スケジュールで不変なのは、明日が来るということ。そういう意味では、ほぼ確実といって良いので(断言はしません)、嬉しいか悲しいかでいえば、嬉しいに属するかもしれません。たしかに、月曜日って、ああ、月曜日なのだな(?)、一週間のうち平日は五日あるのだな(?)、休みの日まで遠いなあ、と思うのですけれど、いざはじまると水曜日まで意外と早く、木曜日が到来してあと一日かな、金曜日が終わって意外と短かったな……、トータルとして呆気なく終わったなあ、と思うことがしばしばです。それで休みがやってきて、土曜日が意外と長く、日曜日がやってきて、また同じ日々を繰り返すわけです。こんなものかな、という思いで一週間を過ごすのも変わりません。スケジュールのうちといって良いかも。そんなこんなで(?)、また明日から平日の一週間が始まります。

 起きました。目覚めはずいぶん遅かったです。昨日は目が疲れましたのでそのせいかも。十分ほど携帯と格闘し、眠いなあと思いつつ起床。起きた時点でお昼前だったので、若干テンションは低め。午前中という行動フェイズが失われたからです。八時くらいから起きていたら掃除もして片づけもして、ちょっと時間ががかるような、そのときにしかできないような用事でも済ませて、お昼前にはご飯でも食べて、十三時くらいからゆっくりできたのになあ、そんな具体的なイメージと現実との乖離にがっかりしながら顔を洗いました。身支度も整え、比較的のんびりしていました。換言すると、とくに何もしていないということです。いくつか欲しいものがあって、それをネットで調べていました。ただ、いつでもできるようなことなので、ちょっともったいなかったなあ、と思いました。とはいえ、平日にそれをゆっくり調べる時間があるかと言われたらあんまりないので、それもそれでありだったのかも。そのほか、月のはじめなので恒例のAmazonでの生活必需品の注文です。何があって、何がないかな、これは早めに買っておくべきかな、などなど。常に買い置きをしておく人間です。近くのスーパーで売ってないものがあったとき、なかったときに落胆もしますし、じゃあそれを探しに別のお店を回るかと問われたら、面倒くさがりな自分ですからきっとしません。かといってその商品がないと困るのも事実。そういうわけで買い置きは欠かせません。それに、微妙に近くのお店では売っていないようなものを使っているのです。美容室のシャンプーとかもそう。ほかには? 洗顔料とかもそうかも。そのくらいでしょうか。歯ブラシも見たことないような……。

 ビジネス書をいくつか調べていました。移動中とか、ふとした拍子に暇を潰せそうなものはないかな、という感じです。三冊くらいおもしろそうなものがあったので、とりあえずそれを買っていく予定です。Amazonの欲しいものリストに追加したので、いつもどおりKindleで購入します。Amazonの欲しいものリスト、いつか買うかな、と思っていたものもほとんど削除してしまいました。もうたぶん買わないだろうな、という予測によるもの。残っているのは、ほとんど本と掃除用品。業務用の水回りの便利グッズみたいな……。そうそう、Amazonの書籍の評価を見ていたのですけど、けっこう怪しい評価が多いなあ、と思いました。書籍のレビューにおいて、優れたものは販促に採用し、採用されたら謝礼としてその商品の関連グッズを贈答すると謳い、キャッチコピー的な星5レビューを収集しているのはよく見かけたものですが、このところレビューすらも書かれていません。レビューでは平均的に不評なのに、トータルとして星5がものすごく多いという不合もかなり見かけます。もしかしたらこれはそうかもしれない、とはいえ断定するには微妙なところでは、と思うようなものは以前からもあったのですが、ここまで露骨ではなかったように思います。販促の形が、消費者にも捉えられるくらい如実にシフトしていると考えるべきなんでしょうか。

 そのほかは? なんでしょう……。欲しいものが最近増えました。あんまり物欲はないと思っていたのですけど、ときどき思い出したように波が来ます。数日のうちに揃う品々でもないので(金銭的にも)、長々と少しずつ物欲を解消していくことになりそうです。そろそろ、可能ならばWindowsのコンピュータもどうにかしたいところ。不便もないのですが、もう少しこうだったらなあ、と思うことが増えました。ディスプレイも片方不調ですし……。まあ、物欲とは言いましたが、どうでしょう、やっぱり物欲かな。トータルいくらくらいなのか、試算しておきたいところ。必要となる費用はクリアであるほど目標も具体的になります。どれくらい頑張れば良いのかも数字として出ますから、モチベーションにも影響します。闇雲に頑張るのも良いのですが、あとどれくらい頑張れば良いのか不明だともやもやします。いっそのこと、少しずつ買っていくよりもまとめて買ってしまっても良いのですけど、そういう買いかたを好まないのです。使える範囲で堅実にというか、散財するにも上限があるというか……。散財する度胸がない、とも換言できます。高額な買いものって、必要経費だとしても基本的にどきどきします。皆さんもそうなのでしょうか。

2020/08/01

しかし神様くらい

 こんにちは。昨日は、夜、ものすごく眠くなってしまって、結局日記が書けませんでしたので、せっせと翌日のお昼過ぎに日記を書いています。一日ずれたままなのは木曜日からずっと継続。今日で帳尻が合う予定ですが、昨日も同じことを書いてできませんでしたので、説得力はずいぶん欠けています。ところで、説得力ってけっこう曖昧な言葉ではないでしょうか。説得力ってなんでしょう? 相手を納得させてしまう巧妙なテクニック? 説得力がある、だなんて言いますけれど、じゃあ説得力ってなんでしょう、とときどき思います。根拠がある、は説得力の中に含まれているように思います。あとは、説得をされる方の歴史もそうかな。これまでこういうことをしてきたから、その精度が比較的高いと判断されるというようなもの。その逆として、普段から評価があんまり良くない方は、同じことをしても信じていただけないケースがあるみたい。根拠を持ち出しても、説得力がない、なんて言われることもあるそう。狼少年みたいな話なのでしょうか。もちろん、信じていただけることも多々あると思われますが、それまでを思えば素直に信じられないというのも心理。しかしながら、その精度ではなく、誰が言ったかが、その判断の根拠となっているのも不思議です。いずれもの気持ちが理解できるのがおもしろいところ。絵本とかで再現されないでしょうか。まあまあともかく、どちらか自分には判断できないが、可能性の高そうなほうを選ぶ。その程度のことだと思うのですが、信じるという行為自体が、ものすごく高等なものだと認識されているように見えます。それから生じる、信用という概念もそう。それだけでお金にも地位にも、いろんなものに影響するようです。だからこそ、皆さんそれを求め、得、ときには失い、それについて一喜一憂するのでしょうか。もちろん理解できますが、そこまでそれが必要とも思いません。そういうところに身を置いているからかな。少なくとも、信じてくださいとは言いません。信じたければ信じていただければ、くらいの気持ちかも。人々に信じられたいと願うのは、しかし神様くらいで良いのではないでしょうか。

 八月初日から元気に書いています。元気で何より。さて、起きました。意外と早起きとなり、八時くらいかな。三十分くらい携帯と格闘して起きました。天気はとても良好、身支度を済ませて洗濯をすることに。こんな良い天気の日に洗濯をしないなんてもったいない、と思うほどの良い天気。家事もぼちぼち進行。それを済ませ、少々ネットをし、それからお昼ご飯を食べました。休日の朝昼のご飯って、けっこう面倒です。食べなくても大丈夫ではないので、食べることになるのですが、食べるの面倒だなあ、と思ってしまうのです。美味しいものは好きなのですけど、食べること自体はすごく面倒。夜のご飯は別にそう思わないのですけどね。そのあとは、自転車で少し外に出ました。買いものをする必要があり、近距離ですので、軽く自転車で行ってきました。自転車ですので風が当たって気持ち良いですが、涼しくはありません。突き刺さるような日光もまあまあ暑い。とはいえ、先日までのじめじめ感は希薄で(?)不快ではありませんでした。暑いなあ、夏だなあ、汗もかくしお風呂に入りたいなあ、と感じる程度。あんまり伝わらないかも。

 そのほかは? 何かあるかな。買いものにも出かけ、100円均一にも寄りました。100円ではないのに100円均一って言うの、少々違和感がありますが、まあ通じるので100円均一で良いでしょう。というか、普通に100円ではないものも多くあります。見かけるものの中では、タンブラかな、800円ほどで販売されていました。良いのですか? まあ、良いのですけど……。300円のものも多くあります。メインは100円だから良いでしょう、という姿勢なのでしょうか。洗濯ネットを買いました。それがある通りは、かなり人通りが多く、早々と退散することに。そのあとスーパーに行き、ご飯のための材料も買い、その日の外出は終了です。可能ならば出かけたくありません。夕方頃には、洗濯ものが乾いていました。たぶん二時間三時間くらいで乾いているものと思われます。こういうところは、夏最高です(?)。冬になったら、冷たくなるだけでなかなか乾きません。雨も降ったら本当にいよいよ乾きません。エアコンの風先に吊るしておく以外にないかも。夏のうちからこれだけ冬を憂いていたら、実際に冬が到来したらどうなるのか不安です。まあ、梅雨のときも同じように憂い、されど大したことはありませんでしたし、それほど憂慮することもないのかもしれません。

 八月開始です。書いているのは二日なので、もう実感も薄れてきているのですけど、日記としては八月開始ということで、先月の日記はText/SSに移動しました。ご覧になる方はそちらから。もう三か月くらい更新しているのだな、としみじみ思いました。五月は毎日でもないみたい。六月もそうかな。七月ようやく揃いました、という感じのようです。本当に揃っていますか? ちゃんと見ていませんけど。特筆するスケジュールもありませんので、八月も平常運転となることと思います。創作はしましたか? うーん……(遠い目)。まあまあ(?)ということで、二日の日記は予定どおり二日の夜に書く予定。今月もよろしくお願いします。

inserted by FC2 system